2018/01/22 15:00

今回は 当店人気No.1のチャオッペブレンドのお話しを

チャオッペブレンドは
もともとエスプレッソ用のブレンドだった為、
「ロブスタ種」という豆が含まれています。

 ロブスタ種はとても病害に強い事から
生産量が安定し安価に手に入るということもあり、
インスタントコーヒーや缶コーヒーなどに良く使われているそうです。

だけど特有の泥臭さや苦さがあり
ドリップコーヒーにはあまり向かない
・・・というか美味しくない。
と言うのが一般的なロブスタ種の解釈です。

ですが、、、、
ドリップコーヒーを始めた当初、
ロブスタ種無しでブレンドしなおしたところ
なんと!
「パンチが無くなった。なんだか頼りない。」
「前のブレンドのほうがよかった!」
という声が多かったのです。

そう。
ロブスタ種はただ安価なだけの美味しくない豆ではないんです。

分かりやすく身近な食材で例えると・・・・・
胡椒?のような感じでしょうか。
胡椒はそのまま食べても美味しくはないけれど、
お料理にかけると良いアクセントになって
美味しさ倍増になることってありますよね!
ロブスタ種もそんなコーヒーのアクセントのような存在なんです。

美味しいエスプレッソを飲んだときのトロッとした感じや
苦い訳じゃないけどズシンとした重みやコクなどは
ロブスタ種なしでは語れません。

そんなロブスタ種が絶妙な割合で入ったチャオッペブレンドは
トロリとしたコクが口に広がった後、
スーッと喉を通っていきます。
そしてゴクリと喉を通った後は、
香りが鼻に抜けてコーヒーの余韻が続くんです。
冷めても美味しい、
むしろわざと冷ましたいと思ってしまう不思議なコーヒーです。

 

スペシャルティコーヒーが好きな人も
まだ自分に合ったコーヒーに出会っていない人も
昔ながらのコーヒーらしいコーヒーが飲みたい人も
是非一度チャオッペブレンドをお試しください。

  • Home
  • About
  • Blog